40代女性の白髪染め

自分に似合う髪の色の選び方

昔の白髪染めは、ブラックかブラウンしかカラーバリエーションがありませんでした。

だから、自分に似合う似合わないに関わらず、どちらかを選ばなくてはいけなかったのです。

2色しか選択肢がないというのは、おしゃれを気にする女性にとっては、かなり憂鬱な選択だったでしょう。

でも、今は白髪染めのカラーバリエーションはとても豊富です。

ブラウン一つとっても、ナチュラルブラウン、イエローブラウン、ピンクブラウンなどいろいろあります。

トーンの種類も、明るめのものから暗めのものまで揃っています。

女性にとって、自分に似合う髪の色選び方を知るのは、メイクやオシャレと同じぐらい重要なこと。

ですから、ただ単に色の好みだけで選ばないようにしてください。

髪の色は、肌や髪質と合わせるのが正しい選び方です。

色白の女性なら、ピンク系かナチュラル系のブラウンがいいでしょう。

濃いブラックやブラウンだと、重たく見えますし、いかにも染めてます、という感じになってしまいます。

オークル系の女性は、イエロー系やグリーン系の色みがオススメです。

肌の色と馴染んで、自然な染まり具合になります。

また、髪質がしっかりしていて、白髪が太いという方は、染めると赤みが出やすくなります。

ですから、肌の色に関わらず、アッシュ系で暗めの色みのものを選ぶのがオススメです。

逆に、細くて柔らかい白髪の場合は、黄色味がかってしまうので、綺麗に発色しません。

細くて柔らかい方は、ピンク系やオレンジ系のものを選ぶようにしてください。

肌の色か髪質で選び方が変わりますが、基本は肌の色をベースに髪質と合わせて選ぶといいでしょう。


あなただけの悩みじゃない!40代からの白髪染め対策 メニュー