40代女性の白髪染め

髪の毛に色が付くメカニズムを知ろう!

白髪染めは、髪へのダメージが大きいと言われますが、その理由は白髪のメカニズムにあります。

実は、髪の毛と言うのは、どんな髪でももともと白いのです。

普通の髪の毛は、新しく生えてくる時から色が付いているので、それが当たり前と思っている方も多いのではないでしょうか。でも、実際には、髪の毛は子供でも大人でも、男性でも女性でも白髪なのですね。

白い髪の毛は、成長して体外に伸びていく過程の中で、メラノサイトが生成するメラニン色素によって着色されます。

このメラニン色素の濃度によって、黒や茶色、金髪など髪の色が決まります。これが、髪の毛に色が付くメカニズムです。

反対に、白髪が出来るメカニズムとは、メラノサイトの働きが低下してしまうことです。

メラノサイトが正常に働かないと、メラニン色素が生成されません。すると、髪の毛に色素が取り込まれないため、白いまま体外に伸びてしまい白髪になってしまうのですね。

原因は、加齢ということもありますし、疲労やストレス、栄養不足などがありますが、いずれにしても白髪は自然な状態なのです。

白髪染めは、色素が取り込まれていない髪の毛に、色を付けるものです。

白髪という自然の状態の髪の毛に対して、無理に色を取り込むために、一般的には強い薬剤が使われます。

そのため、白髪染めはダメージが大きいと言われるのです。でも、最近では、白髪のメカニズムに逆らわない白髪染めが増えています。

ですから、選び方によってはダメージを与えず白髪を染めることが出来るようになりました。


あなただけの悩みじゃない!40代からの白髪染め対策 メニュー