40代女性の白髪染め

意外と忘れがち。頭皮もしっかり紫外線対策を。

紫外線からお肌を守るため、美白ケアを一生懸命頑張っている女性も多いと思います。

でも、紫外線のダメージは、顔だけではなく、肌全体に悪影響を引き起こします。腕や足などが紫外線を浴びれば、やはり炎症を起こしてしまいますし、乾燥肌やシミ、しわのトラブルが起こります。

そして、それは女性の頭皮も例外ではありません。

頭皮もお肌ですから、例え髪の毛で守られていても、直射日光を受ければ紫外線によってダメージを受けてしまいます。

頭皮が紫外線を浴びると、毛母細胞が傷ついて抜け毛や薄毛になったり、メラノサイトの働きが低下して白髪になってしまうのです。

つまり、紫外線によって白髪になって、白髪染めを使わなくてはいけなくなることもあるということ。だから、白髪にならないためには、きちんと紫外線から頭皮を守ることが重要なのです。

ただし、頭皮は他の部分の肌のように、直接日焼け止めを塗ることが出来ません。ですから、間接的に紫外線から守ってあげる必要があります。

女性ならUVカット帽子の防止をかぶる、日傘をさすというのが、一番効果的でしょう。

でも、夏は汗をかきやすいので、頭皮が蒸れてしまい、それがダメージに繋がることもあります。そうなると、結局は白髪になり白髪染めのお世話になってしまいます。そうならないためにも、帽子の素材をチェックして、通気性のよいものを選ぶようにしてください。

一度白髪になると、白髪染めをずっとし続けなくてはいけませんから、頭皮を紫外線から守って、白髪が出来ないように心がけましょう。


あなただけの悩みじゃない!40代からの白髪染め対策 メニュー