40代女性の白髪染め

白髪染めの種類

白髪染めは、大きく分けるとヘアカラータイプとヘアマニキュアタイプの種類に分かれます。

ヘアカラーは、一番メジャーな白髪染めです。1剤と2剤を混ぜ合わせるタイプのものがヘアカラーです。ドラッグストアなどで購入出来る白髪染めのほとんどは、ヘアカラータイプです。

ヘアカラータイプの形態は、クリームが主流ですが、最近は、泡タイプ、液体タイプ、ムースなどいろんな種類があります。

ヘアカラータイプのメリットは、白髪をしっかり染めて、染まり具合も長続きするという点があります。

ただし、1剤に含まれるアルカリ剤によって、一度脱色してから白髪を染めるという仕組みになっています。そのため、刺激が強く、頭皮や髪の毛へのダメージが大きいため、女性にとってはちょっとリスクが大きい白髪染めと言えますね。

一方、ヘアマニキュアタイプは、髪の表面だけを染めるという白髪染めです。ヘアカラーのように、髪の内部まで染料を定着させるのではなく、髪の表面のタンパク質に色を付けるのがヘアマニキュアです。

形態は、クリームもありますが、今人気になっているのは、シャンプータイプやトリートメントタイプです。シャンプーやトリートメントなら、周りを汚すこともなく、特別な用意をすることもなく白髪を染めることが出来ます。

ですから、忙しい女性にとっては、一番手軽に白髪染めをすることが出来る種類になるでしょう。ただ、ヘアマニキュアはヘアカラーのような染毛力はないので、色落ちがしやすいというデメリットがあります。

でも、髪を傷める心配がないので、髪の毛が傷んでいるという女性にはお薦めです。


あなただけの悩みじゃない!40代からの白髪染め対策 メニュー