40代女性の白髪染め

白髪染め選びは「ダメージが少ない」を基準に

昔の白髪染めというと、臭いがきつい、面倒くさい、むらが出るなど、クォリティーの低いものばかりでした。それでも、白髪を隠すためにはしょうがないので、白髪染めを使っていたという女性が多かったと思います。

でも今はずいぶん改良が進んでいて、臭いもなく、手軽で綺麗に染められる白髪染めが増えています。種類も、クリームタイプだけではなく、泡タイプやトリートメントタイプなどいろいろありますね。

カラーバリエーションもたくさんあるので、白髪染めを選ぶ時は迷ってしまうという方も多いでしょう。

特に40代の女性だと、いかにも白髪を染めてます、というような状態にならないように、選び方も慎重になるのではないでしょうか。

白髪染めを選ぶ基準は、カラー、価格、手軽さなどいろいろあると思います。でも、40代の女性の白髪染めで重要なのは、「ダメージが少ない」ということです。

40代ともなると、髪の毛も細くなり始める年代です。髪の毛が細くなると、ダメージを受けやすくなります。

市販の白髪染めはダメージが大きいので、さらに髪の毛が細くなり、パサつきや傷みの原因になります。また、頭皮にもダメージを与えるため、白髪が増えてしまうという悪循環になることもあります。

ですから、40代の白髪染めの選び方の基準は、とにかくダメージが少ないものを選ぶのが正解です。

天然由来の原料で出来ているもの、無添加のものなど、最近の白髪染めは髪に優しいものがたくさんあります。どんな成分が入っているか、ということを基準して選べば、ダメージを与えない白髪染めを見つけることが出来るでしょう。


ダンナさんの白髪染めなら → メンズ白髪染め


あなただけの悩みじゃない!40代からの白髪染め対策 メニュー